【実力編】つまらない単純作業をこなして、プロになる

さて、前回までであなたは人脈を作り、個人で仕事をできる状態となりました。次に直面する問題は〝何を受注しようか?〟ということです。もし、あなたに仕事として受注できるスキルがあれば、それを売りにしてみてもいいかもしれません。 問題は、ない場合で…

「考える」を考えてみる

なぜ、考えることを考えてみるのか? 人は1日あたり平均12,000~60,000回の思考を行う。 2005年の米国国立科学財団の調査によるものです。とんでもない数ですね。もちろん「今日の昼ごはんは何にしよ?」といったことまでを含んでいるとは思いますが…。それ…

素直さとフッ軽さで交流の輪を広げる。

ご機嫌いかがでしょうか、木村です。 前回の記事で、「人脈を作るためにボランティアをしよう」という話を書かせていただきました。目的としては、経営者層などと関わることです。ですが、もちろん適当に関わっても仲良くなれることは少ないです。どんな状況…

Second Desk通信 2024年春号

起業したいならボランティアをしよう! ~ボランティアのススメ~

お久しぶりです、木村です! 前回の記事で僕は「大学生は暇つぶしに起業をしろ!」という主張をしていました。 「そんな簡単にいっても、何をやっていいかわからないし………」「売れるものもサービスもない………」「人脈もないし……」聞こえてきます。そんな声。 …

文章はアナタの分身 ~書くのがラクになる文章のトリセツvol.10~

文章の根っこにあるもの 文章とは「何かを伝える」ための手段であることは、皆さんご存じのとおりです。では、その「何か」とは何でしょうか?私なら、文章とは「ココロ」を伝えるための手段だと答えます。ここでいうココロとは、感情や気持ちはもちろん「自…

文章はマーケティングそのもの ~書くのがラクになる文章のトリセツvol.9~

文章とマーケティングの共通点 文章の書き方を説く本シリーズで、マーケティングの話とは唐突に思われたかもしれません。しかし、文筆家の端くれとして、またかつて広告会社でマーケティングをかじった一人として「文章とマーケティングには共通点が多い」と…

「学生に1番おすすめの暇つぶしは起業である」~京都でゼロから学生起業~

はじめまして!KLKアカデミーでライターをさせていただきます、木村と申します。簡潔に私の自己紹介をさせていただきますと・大学生・教育業やコンサルティングなど、小さな事業を何個かしている(していた)という者です。いわゆる、時代に名を馳せる学生起業…

書くことでしか、考えられない~書くのがラクになる文章のトリセツvol.8~

「考える」と「思う」の違いって?「書く」と密接に関わる「思考」について考えてみましょう。

文章はリズム♪ / 文章の質は推敲の数に比例する② ~書くのがラクになる文章のトリセツvol.7~

理解と納得を妨げない、読みやすい文になっているか?「伝わる文章」のためのポイントを解説!

文章の質は推敲の数に比例する ~書くのがラクになる文章のトリセツVol.6~

文章を上手に書くコツとは?地道に文章を見直し練り直すコト!推敲でチェックするポイントをお教えします。

ネット社会でも、文章に語彙力は必要か?~書くのがラクになる文章のトリセツVol.5~

「ネットが教えてくれるから言葉は知らなくてもOK?」いえいえ「伝わる文章」の為にはバリエーション豊かな表現をできる方が良いんです。

伝わる文章はハードル走の勝者。勝負の決め手は「おもてなし」。 書くのがラクになる文章のトリセツVol.4

京都人が大切にする「おもてなしの心」は文章でも大切です。「伝わる文章」を書くために重要な「おもてなし」とは…?

書くのがラクになる文章のトリセツ Vol.3 文章は陸上レース。~ゴールを見つめてひた走れ~

「何を書いたらいいのか、思い浮かばない」を解決!文章を書き始める前に確認しておくべき重要なものとは?

ターゲットを絞って勝機をつかめ!~有頂天天狗社長の七転び八起き~【後編】

中古車販売業から転身して、全く未経験で「旅行会社萬転」を開業した西河社長。しかしノウハウがないこともありなかなか客が増えず、苦難にみまわれます。そして発想の転換で、やっとお客様が来てくれるように!そのきっかけは綾小路きみまろにありました。 …